2012年09月11日

嬬恋・万座ヒルクライム アップ編

9日、hayazou2002さんと嬬恋・万座ヒルクライムに参加してきました。
公式サイトでは「恋ヒル」をアピールしていますが、誰も「恋ヒル」なんて言っていないので
私の場合、万座ヒルクライムで統一しちゃいます(^^ゞ

たいていのイベントの例に漏れず、この万座ヒルクライムも受付は前日のみのため
万座温泉に宿泊しました。
今回、宿の手配をしたのは私でが、宿の選択は大正解だったようです。理由は後ほど^^

少し早めの8時に深谷で待ち合わせをし、一先ず嬬恋村の受付ではなく草津を目指します。

今年のツールド草津ゴール地点
DSC04299.JPG
少しだけ端折って、此処からアップを開始します。
天気が心配ですが行ってみましょう!

準備したら即スタート! 既にそこは標高1200オーバーw
DSC04301.JPG
アップ無しで走り出したから最初は息が切れた・・・
しかも硫黄臭が立ち込める場所で。

スイスイ上ってゆくhayazouさん
DSC04302.JPG
背中には何も背負っていない。

ノンビリながらも到着
NCM_0292.JPG
前日のアップで此処まで上る人いるのかな〜?
でもhayazouさんは満足していない様子。
渋峠のリクエストをいただいたので更に行ってみましょう〜

軽快です
DSC04304.JPG
流石は山男。高地には慣れているのか、2000mオーバーでも軽快です。

コチラは警戒
NCM_0298.JPG
出たー! ニホンカモシカ!
私達をジッと見ています。遭遇するなんて運が良いですね

私的デンジャーゾーン(山田峠)からの眺め
NCM_0299.JPG
まさかあそこまで行くとは・・・

景気付けに
NCM_0301.JPG
日本の頂点(国道)をとったど〜

でも、まだhayazouさんは満足されていない様子・・・
ひぃ〜 この先は苦手です〜
NCM_0305.JPG
まさかの横手山スカイレーターw
そして私の苦手な雪が無いときのリフト。 
此処のリフトの傾斜は高所恐怖症の私にはキビシすぎる。

そしてお約束の
DSC04317.JPG
ボルシチセットを食べる。
私のには、ひときわ大きな「赤いヤツ」が入っていた

やっとhayazouさんも満足された様子で一安心。
ヒルクライム大会前日でも渋峠。
ブロガーの意地を垣間見た!

この後は草津へ下って自転車を車に積み込み、嬬恋村の受付会場へGO!
そして受付会場で新たなハプニング発生!? 

続く
posted by ZERO at 00:16| 埼玉 ☔| Comment(16) | 自転車(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

現場から

現在、嬬恋 万座ヒルクライムに出場するため
万座温泉に来ております。

今日はこのくらいで勘弁してやろうかな〜
NCM_0293.JPG
アップでアップアップです。

さらに
NCM_0303.JPG
勢い余って此処まで!

明日は大丈夫かな〜?
posted by ZERO at 20:31| 埼玉 ☔| Comment(6) | 自転車(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

ヒルクラ月間?

本日、あっもう昨日だ(^^ゞ
自転車雑誌を眺めていたら、赤城ヒルクライムの記事を発見。
そういえば26日からエントリーが開始されるのですね〜
皆さんご存知のように今年はネット受付が先着順2600人の定員だそうで、
残り400人が郵送受付で抽選だそうだ。
参加希望の方は26日にポチッとするのを忘れずに^^

そして私の情報不足でしたが、9月9日に「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」なる大会が開催されるのですね!
エントリーはなんと今日から!! こちらも先着入金順だそうです。

どうしましょう? どちらも出たい。
赤城は昨年抽選にもれたリベンジ。万座は初開催だし、万座ハイウェーを普段自転車で走ることは出来ないので出てみたい。それに勾配もキツクなさそうだし・・・
でも、どちらのコースも見晴らしが良くないのがイマイチなんだよな〜

現在、両方出てしまおうか悩んでおります^m^
9月はヒルクラ月間の可能性?
posted by ZERO at 00:20| 埼玉 ☔| Comment(16) | 自転車(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

ツールド草津

昨夜完成間近の記事が、またもPCのフリーズによって消えた・・・
今更ながら、ツールド草津のレポを書きますがサラッと見てくださいましm(__)m

出発は土曜日の朝9時半頃。この時私はお得意の「寝不足モード」でした。
実は木曜日の夜から「あの花」を見始めて、金曜日の夜中(正確には土曜日)
に全て見終わり、余韻?に浸っていたら寝るのが3時になってしまった・・・

草津へは2時間チョットで着き、受付を済ませてから軽く草津の街を徘徊し
定番スポットへ
DSC03630.JPG
此処はいつ来ても観光客が沢山いますね〜
硫黄の臭いが好きな私は此処で深く深呼吸。

硫黄を肺胞まで行き渡らせ、今度は冬季閉鎖されていない殺生河原まで試走に向かいます。
スタート地点の標高が既に1200m位なので、無理をしないペースでノロノロと上がって行き
ヘロヘロと到着
DSC03634.JPG
殺生河原までは約5km位なので、それ程疲れは感じませんでしたが、
呼吸は下界とは違いますね〜 いつもより苦しいです。
この時は青空も見えていて、濡れた地面から盛大に湯気が立ち昇っていて
はるか彼方には翌日のゴールが。

まさか翌日ココがゴールになろうとはこの時は想像していなかった。

ここで偶然にもマスヲさんと遭遇! 前日会えるとイイですね〜 
とコメントしたら早速奇跡の出会い! こんなこともあるのですね。

お互い翌日の健闘を誓い合って、一足先に私は下山。
スーッと下ってお約束の2本目に突入〜
今度は翌日に疲れを残さない位で、それなりのペース(自分比)で上り
上りついたらサッと下って3本目・・・は行きませんでした(^^ゞ

自転車を車にしまって宿にチェックイン。3年連続でお世話になったこの宿。
帰り際「来年は予約の電話は必要ないですよ」と言われた。
「キャンセルの時だけ連絡ください」と(笑)
来年もエントリー確定です^^

夕飯を食べたら少し歩いてまた此処に
DSC03646.JPG
階段を登って
DSC03644.JPG
「もう一度一花」と祈ってくる^^

宿に戻ると急に眠くなり、早々に就寝。
そして5時に起床し6時頃朝の散歩へ。 一歩外へ出るとあまりの寒さにビックリ!
そして路面が濡れている・・・
前夜、大会本部から翌朝7時に決行判断をHPで発表するとあったので
開いてみるとコースを縮小して決行すると発表されていました。

頂上まで行けないのはとても残念ですが、あの日の気温と路面状況、視界を考えれば
ベストな判断だったと思います。

そしてコースはショートコースに決定!
集合1時間前にはローラーでアップを開始するも30分で飽きるw
緊張感の無い私は会場を偵察し、First Bicycleさんのピットにお邪魔して
素晴らしい防寒着のサポートを受ける。
この後スタート直前まで荷物のサポートなど大変お世話になりましたm(__)m

スタート位置にて
DSC03653.JPG
第3グループの前の方です。
写真に写っていない所にも凄い数のMさんが^m^

殆ど緊張することも無くスタートラインを通過して「5kmしか無い!」と自分に言聞かせ
飛ばして行こうと思ってはいるのですが体は正直です。
渋滞気味の道路を皆さんとヘロヘロ上りながらも、
写真撮影する所だけはチャッカりポーズをする私。

そしてゴール
DSC03655.JPG
昨日とはエライ違いですね。
霞んで見えるレストハウスでココアを頂き、少し温まらせてもらったら
下山待ちの列に加わり寒さに震えながらも無事下山。

下山後のお楽しみ?リザルトは、やはり大した事は無かった。
来年に向けて鍛えないとイケナイな〜と思ったが、昨年も同じ事を言っていて様な気が・・・
まずは精神修行からかな(^^ゞ

ショートコースとなった今回のツールド草津。
昨年に比較すると、寒さに震える大会で色々残念な部分もありましたが
出会いあり、笑いありでとても楽しい大会となりました。
次は赤城ですかな?

追伸
今回のリベンジをGW中には行く予定。
って言うか、行く! GW中なら雪の壁も見られるだろうし^^
今は強風が吹かない事を祈るのみ



posted by ZERO at 23:55| 埼玉 ☔| Comment(14) | 自転車(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

こうなった

開催されるか心配された、ツールド草津。
結局、白根山のフルコースは危険と判断し、
殺生河原までの5kmのヒルクライムとなりました。

ゴール地点。
DSC03654.JPG
極寒の地がゴールでした。
視界も・・・

詳細は後日。
posted by ZERO at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(10) | 自転車(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。